2011/04 report

第85回 定例活動報告
「東の森(4月17日 第3日曜日)」

全体報告<大日向>

盆堀は 今が盛りと 山桜

都心の桜は既に散り、桜前線は只今北上中ですが、今年の桜は去年と違うという人がいます。桜に違いがあるとは思えませんが、震災後の桜は何か心の機微に変化をもたらせているかも知れません。

1.jpg17名が集まりました。今、盆堀は花に囲まれています。里桜・山桜・花桃・大きな樹形の三つ葉つつじ・山吹、そして全山に若葉。春のけだるさの中で桃源郷のような雰囲気です。

作業はいつも通り各自のポジションで三々五々、手鋸でのぼさ刈り・除伐、そして残す木を痛めないように細い桧の伐採等で手慣れたものです。テラス周辺ではテーブル作り、腰かけ用に径40センチもある丸太の運搬・据え付け、最後の上り急斜面の階段作り、柚子の木の剪定等です。

昼食は山に入る途中で地元のT夫人、Tさんに戴いた新鮮・採れたてのノラボウ(野良坊・かき菜)をふんだんに使った味噌汁、残りを茹でて醤油で味付けしただけのノラボウをいっぱい食べ、野菜不足などどこへやらです。

Tさんは山裾に沿った平坦な作業道・ははそ道を愛犬と一緒に散歩しているそうです。地元の方が使って初めて道になる、嬉しいかぎりです。

会として震災で被害を受けた方々への義援金を送ることにしました。わずかな金額ですが大変な思いをされている方々へのお見舞いと共に、当たり前のように森に来て、当たり前のように汗をかき、終わったら当たり前のようにビールを飲むことができる、感謝の気持ちを形にしたかったからです。参加者全員の賛同を得ました。

復興に当たって何が出来るか?その過程では当然緑化もテーマになってくると思います。先は長いですがその時には…

軒下野菜販売は今年最後のノラボウ、ねぎ、サラダ菜。
アフター5は5名と少人数でしたがそれなりに♪

14.jpg15.jpg16.jpg

活動報告<佐伯>

間伐したいしたい…と勇んで向かったが、戦った相手は枝が邪魔する檜より花粉だった。

どっち倒そうかなーと上を向いてハックション。
あともうちょっとで受け口が切り離されると気合いを入れ直したところでハックション。
あんまりくしゃみが出るのでくしゃみ自体に余裕が出てきて、
タイミングに合わせて口の形を変えて、カトちゃん風に「いぇーっくしっ」
うまいことできた。

18.jpgそうそう、間伐の話。どうもすんずれいしました。
その森は、放置檜林の割には下草が程良く生えていました。
でも、植えてある間隔を見ると、やっぱり植えた時のまま。
よく見ると枯木、欠損木、痩木あるある、1つ見つかると、どんどん見つかる。
まずはじめの一本目。これは、うまく隙間を擦りぬけうまいこと一発で倒れた。

幸先いいなぁー、いや待てよ、結構腕があがったか~?!なんてうかれながら2本目。
ぐーっと倒れ・・・そうでコナラの木にひっかかった。
あひゃー。

24.jpgがっかりしていていも仕方がないので、次の作戦にとりかかる。
いかに上手に掛かった木を倒すのも技試しとなる。
とそこへ、見てられないとばかりにお兄さん、おじさんが寄って来た。
すかさず「お願いしまーす」とちょっと女子らしく頼む。
そして、力たっぷりロープを引っ張ってもらい、木が倒れた。

これも、いかに自分が疲れずに木を倒す技かも知れない(笑)


活動報告<清水>

大人数用食卓テーブル完成

今日は何をやろうか?久しぶりに森の中に入って木でも伐り倒そうか、それとも何か造ろうか、いろいろやりたいことはあるが体は一つ。土木班も道路づくりがなくなって手持ち無沙汰のようだ。この班、やることを見つけると集中的に動くが、何もないと基地周りでのんびり。

そうだった。前々回の交流会の時に午前中だけ山にあがった仲間がテーブルの天板用の材木を切っておいてくれたことを忘れていた。これはいい仕事とばかりに食卓用テーブルの作成をすることにした。朝礼で「今日のお昼は新しいテーブルで食べられます」などと約束してしまった。我々は政治屋ではないので公約は守らなければならない…なんて言いながら作業にはいる。

この前、作業台を作った経験からアゥンの呼吸で作業が進行した。天板を貼るため、半割丸太が乗る部分の高さを合わせチェンソーで切りこみを入れる。作業もどんどん進む。二人もいれば十分だからあとの人は椅子の作成に入る。

21.jpg5.jpg22.jpg

椅子といってもあるのは玉切りした太いクヌギとアラカシの丸太と長いケヤキとホウの半割の幹だけだ。椅子になる部分を少し埋めて置いてみるとテーブルと高さが合わない。いまさらテーブルの高さを調整するわけにもいかない。座高の高い人専用のいすになるかもしれない。半割のケヤキの丸太を並べてもまだ低い。普通に座ってテーブルの天板が胸のあたりに来る。ケヤキのうえにホウの木の半割丸太を置いてみると丁度いい高さとなった。これでここに座っても「座高が高いね」といわれなくても済みそうだ。その分、背が高くないと足がブラブラ。「足が短いね」と言われかねない。どちらにしても問題あり。天板がついて電動カンナで表面を削る。杉板の美しい木目が出てくる。五枚の杉の半割丸太を削りに削って綺麗に平になった。
ケヤキ・ホウ・杉・シラカシといろいろな木のオンパレードだ。ぼんぼりの樹木の見本市みたいなものだ。

6.jpg7.jpg10.jpg

昼食時に早速使ってみる。山主さんから頂いた「のらぼう」のおひたしが器に盛られてテーブルに置かれた。なんか非常にいい感じだし美味しかった。あとで山主さんから聞いたことだが「のらぼう」って震災で出荷制限された野菜の品目の中で「かき菜」と同じ野菜らしい。テレビの震災報道で「かき菜」って何?と思ったけれどこれで納得。山主さんによれば「かき菜」は葉の部分がほとんどで茎の部分は少ないらしい。「この茎のところが美味しいんだよ」とはマスターの弁。マスター、このお浸しを器のまんまアフターの居酒屋に持っていった。「今日はお通しはいらないよ」とでも言うつもりかしら。この「のらぼう」は昼食の味噌汁の中にも入っていた。

昼食の話のついでに…。きょうは料理長が休み。そのため今日の汁ものは或る意味で本物のプロの主婦の料理。料理長監修のトン汁ではなく味噌汁に近かった。今年、初物の筍がとれ、早速味噌汁の具に。小さい筍だから17人分の味噌汁に入れると運が悪いと口に入らない。あとで考えてみると味噌汁の中に筍のかけらも見当たらなかった。
11.jpg
午後から数人は基地入り口に近い最後の胸突き八丁の坂道を階段に変えるための作業開始。並行してテーブル用の椅子にするため柞の森から太いホオの玉切り丸太を担いで運ぶ。長さが6,70センチあり比較的切りたてだから水を含んでいて見ただけで極めて重そうだ。4本運んで新しいテーブルには10人座れるようになりコーヒーや昼食が美味しく食べられる環境が整った。あとは料理長の腕次第というところかな。GOOD !

17.jpg水運び…重い!9.jpg丸太運び…重い!8.jpgジグソー?面白~い♪

20.jpg親方、交代しましょ…19.jpg写真?邪魔、どいて!12a.jpgなに笑ってんだ?

4.jpg2.jpg3.jpg

milk_btn_pagetop.png

第84回 定例活動報告
「東の森/交流会(4月2日 第1土曜日)」

全体報告<大日向>

春.jpg
4月!新学期、新入生、新営業年度等、そして桜!
うきうきする季節となりましたが気分的にはもう一つです。3月11日の大地震・津波・余波を受けての原子力発電所の事故と混乱が続いてます。自然の力の凄さをひしひしと感じるとともに、亡くなられた方へのご冥福をお祈りし、かつ被災された方々の復興を心から念じる次第です。

前回は定例活動を中止としましたが、一か月ぶりに気持ちを新たにしての定例活動を始めました。普通に生活し、普通に参加できる幸せを感じつつ18名が集まりました。

季節の変わり目ということで、枝打ち・間伐・高木の伐採等を今回までとし、新たな場所でのぼさ刈り・除伐を始めました。間伐をしたエリアには光が入って尾根まで見通せ、結果これからの一年でどのように変わっていくかが楽しみです。また高木の伐採地では地元の方が山主の了解を取り、薪として材の一部を搬出されました。利用されるのは嬉しいことです。

間伐作業1.jpg間伐作業2.jpg間伐作業3.jpg

作業道をまたぐ伐採木.jpg作業道をまたいだ伐採木ぼんぼり山の基準では巨木!?.jpgぼんぼり山の基準では巨木か!?あと片付けが大変!.jpg後片付けが大変!

マイチェンソーを持っているMさんが新会員となり即戦力として期待されます。また、メンバーのつてでCO2に関心を持たれてる方の見学がありました。高木(老木)の伐採で若木が育ち、結果的にCO2の削減につながる…と偉そうに説明しました。

ヒヤリハットの場面がありましたが、幸い大事には至りませんでした。ベテラン同士での作業でも想定外のことが起こることを肝に銘じました。

作業中にはお馴染みとなったコーヒーの配達があり、地元夫人から柚子の砂糖漬けの差し入れを頂き、味噌汁も具だくさん。食後のひとときは春の日差しを浴びてのどかに過ごせ、久しぶりに別世界にいる感じでした。

軒先農産物購入は地元特産ののらぼう、ほうれんそう、ネギと野菜づくしでした。
アフター5は、店名を変えて心機一転開業したお店で過ごしました。

ははその森.jpg山桜2.jpg山桜1.jpg

なんだ?.jpgなんだ???.jpgなんだ??.jpg

作業を終えて….jpg

milk_btn_pagetop.png

milk_btn_prev.png

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|

milk_btn_next.png