2010.7 report

第69回 定例活動報告
「夏のお楽しみバーベキュー(7月18日 第3日曜日)」

全体報告<大日向>

河原でのバーべキューをするということで、この暑い中台湾からのゲストを含め初めての人が3名、総勢29名が武蔵五日市駅に集まりました。
会場からふと見上げる.jpg会場からふと見上げる
料理責任者の指示のもと半数が買い物、設営に参加しましたが、涼を求めてのバーべキューと言いながら、30人分の食材、氷、飲み物等を河原までの崖を運ぶのが大変、また鉄板、金網の降ろしも大変、降ろしたらすぐにかまど作り、火おこしと最初から汗まみれでした。

残りの参加者の森林整備も半日とはいえ、河原沿いのぼさ刈り、今までどおりのボサ刈りと梅雨明けの今年最高の暑さの中黙々と作業をし、昼ごろに山を下りました。

料理は手羽先、いもなどの野菜、牛肉、魚、エビ、イカ、ウインナーソーセージ、焼きそばと全てを網羅。圧巻は湘南グループが地元で調達した大きなサザエの壺焼きと刺身、そしてダッジオーブンで蒸した大きな肉の塊と野菜、と料理長が豪語するだけのものがありました。

いつも車を運転し、飲みたいのを我慢しているドライバーの皆さんは充分に飲んでもらったでしょうか。元少年、元少女の水着姿も見られ、河原に寝転がって見上げたカエデの葉が空の青さと相まって見事なものでした。
ミヤマカワトンボ.jpgミヤマカワトンボ(♀)
宴は夕方まで続き、三々五々の流れ解散となりましたが年に一回くらいはこんな時間も良いかなでした。準備、設営、料理の皆さんに感謝です。

泊り組は7名で、12時頃まで反省会が続きましたが皆さんタフです。翌朝の冷気が一挙に眠気を吹き飛ばしてくれました。

地場野菜の販売が15袋と好調でした。新鮮さと安さと参加者の協力によるものですが、こうなると地元も隣近所の生産者から品数を集めることになり、地元の皆さんにも喜ばれる。小さな事ですが続けていければ嬉しいなという感じです。



バーベキューに誘われて<吉田>

バーベキューに誘われて、さがみの森の仲間たちと共に参加させていただきました。
今まで柚子もぎには出席したのですが、今回のようなイベントは初体験です。
山については殆ど知らないので、慣れているメンバーや他数名の女性共々除伐・間伐に挑戦しました。
里山に近く明るい森でしたが、斜面が意外に急なのと地面がもろくて足場が悪く、降りてくるときは冷や汗の連続でした。
皆さんが大らかで連帯感が強く、メインのバーベキューも大変盛り上がったと思います。



BBQ設営班<佐伯>

待ちに待ったぼんぼり山の会、夏の恒例のバーベキューの日がやってきた。01 設営開始.JPG設営開始!

設営班は、あらかじめ湘南組が高級食材を用意してくれていたが、やきそばの具材やら、飲み物やら、不足しているものやらを買いに駅から直接スーパーへ向かった。さすがBBQシーズン、BBQのお客さんで朝からスーパーが賑わっている。

女子と男子にわかれ、女子は焼きそばチームに。男子は・・・あれ?
姿が見えなくなっちゃった。まあいいや、キャベツににんじんにタレに・・・とカートいっぱいに焼きそばの具類を乗せていく。これくらいでいいよね?と思う頃、スーパーの隅の方の酒売り場付近から、酒いっぱい乗せた男子飲み物チームが現れた。酒、ソフトドリンク、おつまみでこれまたカート一杯。

会計が終わり車に荷物を詰め込む。元々用意してくれていた食材、今日買った食材で、車の中は段ボール、発泡スチロール、買い物袋、自分達の荷物、あと人間6人でぎゅうぎゅうになった。

川原会場上の道路に車を止めて、両手に荷物も持ち次々と川原までの急な坂を下りて行く。すると、先に行った1人目が会場はもう人がいて場所ないと行って坂を上がってきた。なにーーーーっ?!
カマドはココとソコ!.jpgカマドはココとソコ!
会場はもうすでに子供連れの2家族がとっくに団らんできる状態になっていた。
何時から来てんだよっ、と思いつつ、どーしよー困ったなぁ~、他の場所探すしかないか・・・、でもな~荷物重いし今さら移動したくないなーと思いめぐらす。そこにスペースはあるにはあるけれど、30人近くの人間が入るだろうか・・。

そこに料理長の一言、「ここでやるしかないよ、やっちまおうぜ~」でハイ決まり。
サザエ用に1、焼き物用2、計3つ、みんなで石を積み上げカマドを作る。

○○用は○○だからそれは高さが足りない、○○は広く作れ、と料理長の激が飛ぶ!!それにみんな「ハイハイ」と思いながら作る!!
02 炎OK!.JPG炎OK!03 仕込みOK!.JPG仕込みOK!05 さざえOK!.JPGサザエOK!04 休憩OK!.JPG休憩OK!?
今日は車で来ていつもお酒が飲めない人、いつも私達に料理を作ってくれる人のためのねぎらいのBBQでもあるから、設営班の私は部下となり働く・・・!!といってもちょっと目を離した隙に休憩はする!さてカマドは出来上がり、今度は火をつける。

メンバーの一人が先月にできた炭を一輪車で山から川原まで汗びっしょりになって降ろしてきた。この炭で、さあてとちょっと長いから切りますかな~と鋸を出し、1ひき、2ひき・・・ん?なんか音が「木」、切りかすが「木」、っていうか完全「木」。木肌が黒い「木」を切っていた。残念ながら前回の炭は思った以上に失敗だったのだった。
そこからが勝負、だいたいの薪の長さに本格的に切らねばならなかった。失敗炭とは言え、水分の抜けた木は固く密が濃いというか、切るのに手間がかかった。
ようやく火をつけ、それぞれのカマドに食材が乗ったころ、みんなが川原にやってきた。
ふ~、なんとかなったかぁ~。良かった良かった♪

06 仲間が降りてきてBQ開始.JPG仲間が揃ってBBQ開始!07 どんどん食べてよー.JPGどんどん食べてよ~08 こっちは焼きそばだよー.JPGこっちは焼きそばだよ~

09 手羽もあるよー.JPG手羽もあるよ~まだビールあるよ~.jpgまだビールあるよ~11 お腹一杯くつろぎタイム.JPGお腹一杯くつろぎタイム

12 上海からのゲストもいます.JPG台湾からのゲストもいます13 こちらもおくつろぎの様子.JPGこちらもくつろぎタイム14 ぼんぼり川をながめて・・.JPGぼんぼり川を眺めて


10 大分呑んじゃってるよー.JPGだいぶ呑んじゃってるよ~♪15 2次会は日暮れまで.jpg二次会は日暮れまで…

milk_btn_pagetop.png 

第68回 定例活動報告
「東の森(7月3日 第1土曜日)」

全体報告<大日向>

参加者18名
とにかく蒸し暑い日です。車道から人家の横を通り抜け、段畑を上り、テラスにたどり着いただけで今日の作業は終わったような気分である。
03 太木伐採後の処理に奮闘中.JPG太木伐採後の処理に奮闘中
今日のメイン作業は前回倒した数本の樫の木の処理である。落石の多い斜面であるため、できるだけ長く、高い土留め(柵?)を作ろうと長く玉切りした樫材を横に並べるだけで大変!。水を存分に吸った材はとにかく重く、チルホールとロープを使い数人がかりで移動させる。声だけの応援も大勢いてとにかく賑やかに、へばりながらの作業が続いた。切り倒すより以降の処理がいかに大変で、時間がかかるとは良い経験であった。


途中にコーヒーの差し入れがありほっと息つく。ははそ道が出来てテラスからの移動・出前が楽になり森の中のコーヒーはまた格別である。
05 贅沢なコーヒーデリバリブレイク.JPG贅沢なコーヒーデリバリーブレイク04 落石防止を兼ねて木々をおいていく.JPG落石防止を兼ねて木々を置いていく
おかげで、大概の石はここで留まるであろうし、猪も飛び越えることが出来ない立派な長い土留めが2列出来上った。杭まで打ち込み、まさに戦国時代の防護柵である。

ボサ刈りも順調。ただ、前回の炭焼きの開窯で炭化が不十分なものがあったのがちょっと残念である。窯を閉じるのが少し早かったようであるが、責任者は「わかった、わかった」と言っているからノウハウは蓄積されていく。 

前もって注文を受けていたジャガイモ、トマト、キュウリなどの地場野菜が好評でした。日ごろ主婦感覚の厳しい女性参加者が購入していたから売り手、買い手双方にメリットがあるのでは。山懐の人家の軒先で色とりどりの野菜を購入するなんぞ一幅の絵になる風景であった。また今日は地元のジャガイモ、玉ねぎを購入して作った味噌汁がおいしく、まさに地産地消である。
「川上と川下との経済交流」「山間部から都心部への食材供給」事業!とはかなり大げさ。

風倒木の処理
雑山の中腹に岩肌を裂くように根こそぎ倒れた樫の木がある。今年の雪・風がいかに激しかった証左であるが、その浮き上がった根株の上に大きな岩がちょこんと乗っかっている。何れ根株はやせ細り、荷重を支えている幹もずれる危険性があり、バウンドしたら山懐の人家に一気である。岩を砕くか?割れ目に落とすか?ベテランの土木班も思案げであった。
万一の事を考え地元自治会長に報告をし、地元の意見を聞くことにしたが、人が全く入らない森の中で、ボランティアの範疇を超えた危険が生まれつつあることを実感した。

アフター5はいつもの居酒屋に参集したが、満席で狭いところに押し込められてしまった。生ビールは格別であったが、景気は回復したのか?しないから安いところが満席になるのか?いろいろ考えさせられた一日でした。

01 炭の取りだしもしました.JPG炭の取り出しもしました02 竹とは違う重量感.JPG竹とは違う重量感06 おっぱいみたいって?会長ったら!.JPGおっぱいみたいって?会長ったら!

milk_btn_prev.png

|1|2|3|4|5|6|7|8|

milk_btn_next.png